がんって何?

私たちの身体を作り、その働きを支えているのは60 兆個もの細胞です。

これらの細胞は一定のサイクルで新旧入れ替わりながら、生命の維持に必要な役割を果たしています。がん細胞は、こうした正常な細胞の遺伝子に傷がつくことがきっかけとなって発生します。その後、生活習慣や環境汚染などさまざまな要因が作用しながら、長い期間をかけて性質(たち)の悪いがん細胞へと変わっていくのです。

細胞ががん化すると、周囲の状況を無視して自分勝手な行動をとるようになります。正常な細胞は身体に合わせて分裂が制御されていますが、がん細胞はこの制御を無視してどんどん増え続け、周りの正常な組織に侵入していきます(浸潤)。さらに、血管やリンパ管を通って体のあちこちに移動し、そこで増殖(転移)をはじめることもあります。こうした無法者ぶりこそが、がんが恐れられる本当の理由といえるでしょう。

監修:浜松医科大学泌尿器科 教授  大園 誠一郎 先生